瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 日記 > かわいすぎる。  

かわいすぎる。

2012 - 09/18 [Tue] - 00:28

連休でしたね。土日は家に引きこもって、最終日の今日は横浜スタジアムへ行ってまいりました。
野球ではありません。「福山☆夏の大感謝祭 俺とおまえのStadium Liveリクエスト ~弾き語りでやっちゃいマッスル~」です。長いよタイトル! 一息で言えないよ!!
要するには、歌手で俳優で写真家でラジオ国の国王の福山雅治さんのライブです。16年ぶりのファンクラブイベント。はい、ファンクラブ入ってますよ私(笑)。ファン歴は確か14年くらいなので、前のイベントは知らないんですが。

というわけで、今日の日記はカテゴリ「ましゃ」です。福山雅治ファンの方、ファンじゃなくてもお嫌いじゃない方のみ、先をお読みくださいませー。

感謝祭。土、日、月の三日間行われて、今日が最終日でした。なんと、三日で9万人を動員だそうです。横浜に素晴らしい経済効果を与えてくれてそうだ(笑)。ライブ前に寄った中華街もやたら混んでましたし。かき氷食べに入った喫茶店の店長さん曰く「この辺りのホテルは福山さんのファンがほとんど押さえてるらしくて、他のお客さんが予約取れなくてびっくりしてましたよ」とのこと。おおお、それはなんだかすごいような申し訳ないような…。

会場に入ってみると、スタジアムを埋め尽くす人人人。特にスタンド席の眺めがすごい。あの一番上のところまで全部福山ファンが座ってるのだと思うと、なんかもうすごい以外の言葉が出てきません。全国から集まってるんだろうなあ。私の隣の席の方も、広島からいらっしゃってたし。
心配されていた雨も、入場時間中に若干降った程度で、ライブ中はほとんど降らず。さすがましゃ。天候すらも味方につける男です。
座席は当日会場に行かないとわからないという形だったんですが、なんと今回アリーナの一番前のブロックで。おかげで、いつもは指をくわえて見ているしかなかった銀テープの雨やら風船やらもゲットすることができました。何もない空からわーっと降ってくる銀テープは、感動的にきれいでしたよ。

今回は弾き語りとのことで、ギター持った福山さんお一人で静かな感じにやるのかと思ったのですが、パソコンに打ち込んだ音源を持ってきていたので、割と普通のライブに近かった気がします。もともとある楽曲の音をばらして組み直す感じだそうで、MCのときにそのやり方を説明してくださいました。おかげで弾き語りだと無理かなと思ってた「peach」とか「heaven」も聴けて大満足。途中で、三沢またろうさんと井上鑑さんもゲストで登場し、さらに大盛り上がり。昔のお宝映像なんかも披露されて、とても楽しいライブでした。
それにしても本当に、可愛すぎる43歳(何しろ本人が自分で言ってる!)。21歳当時のお写真も可愛かったですが、それから22年経ってもこんなに可愛い(笑)。きらきらしてます。もー、かっこいいし面白いし最高ですよ!最初の黒シャツ姿見て「セクシー…」と思い、お着替えした後の白シャツ姿を見て「それはそれでさわやかで好き…」と思う、このファン心理の病の深さ。はい、かなり末期ですね。回復は見込めませんね!
いや、でも、だって何しろご本人が楽しそうなんですもの! すごくいい顔してギター弾いてらっしゃるんですもの! そりゃあきらきらしますよ当然ですよ!

そして今年は冬の大感謝祭がまた行われるそうで。なんと驚きの10日間! …10日もあれば、きっと1日くらいチケットとれますよね…? きっと大丈夫、今年の私はチケット運がいいもの! 次の新感線のチケット(三浦春馬くんと蒼井優ちゃんと浦井健治くんが出る!!)もとれたし!
ちなみに今週末は、パガニーニが聴きたかったので「CROSS ROAD」というお芝居を観に行きます。パガニーニをテーマにした朗読劇で、声優の山寺宏一さんや林原めぐみさんも出るとか。
で、11月はLinked Horizonのコンサートに行くのです。12月は3大テノールのホセ・カレーラス様の来日コンサートもあります。「あんたの音楽の趣味はよくわからん」と言われますが、気に入りさえすれば何でも聴くのですよー。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク