瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 日記 > 厄日?  

厄日?

2012 - 07/22 [Sun] - 15:03

先日の私。
朝、まず地元駅の階段でコケて。膝を強打して、痣と若干の擦り傷を作り。
電車に乗ったら発車直後に急停車されて、慌てて目の前のポールにつかまったら「びきいっ!」と上腕から胸にかけて筋肉が引き攣って。しばらく身動きできないくらい痛くて。
目的の駅で降りて歩いてたら、異様に生臭いにおいがして、ふと傍らの川を見下ろすと、ちょっとびっくりするくらい大きな魚の死体がぷかぷか浮いてて(そんじょそこらのコイより二回りも三回りもでかそうな。何だったんだろう、あれ…)。

「これは厄日だ! 厄落としに、帰りに美味しいスイーツでも買って帰ろう!」と思って、東京駅の駅中にあるマカロン屋さんに行ってみたら、なぜだか恐ろしいほどの行列になっていて。
そこに並ぶだけの気力がちょっと自分の中のどこにも見当たらなかったので、すごすごと帰りました…。

何だろう、ちょっと何かに呪われてたんでしょうか…私、何かしたかな…。

でも大丈夫、昨日は大勢の女子達と暑気払いして、厄落とししてきたから!
しかし、女子ばかりの集まりというのは、基本酒より食べ物という感じになりますね。そしてスイーツ。でも華やかでいいなあ女子会。
来週は厄落とし効果で素敵に過ごせますように!(でもまだ胸部の筋肉痛が治ってませんよ痛いよ!!)

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク