瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 日記 > 地震と猫。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震と猫。

2012 - 04/29 [Sun] - 23:12

GWですね。まあ、お休みの日は基本お家でパソコンに向かってぱちぱちと文字ばかり打ってるものですが…いえ勿論、遊びにも行きますけど。でも、いい加減そろそろ本棚の整理もしましょうね私…。
とりあえず、GW初日の昨日はスペインホラー「REC/レック3」鑑賞で飾りました(笑)。さすがにここに詳しい感想を書くのはどうかと思いますので控えますが(一応、少女小説家のブログのはずなので!)、面白く鑑賞してまいりました。完全に番外編って感じでしたけどね。何しろ、RECシリーズなのにタイトル出る前に録画放棄してた!

今日は千葉の方で大きめの地震がありましたね。私の家の辺りは、震度2くらいだったそうですが。
ちょうど私、そのとき庭でうちの猫を抱っこしてまして。
よく、地震の前には動物達が異常行動をとるというお話がありますよね。地震に限らず、災害前には動物の行動に注意せよと。
が、お正月の頃の日記にも書きましたが、何しろ我が家に今いる猫は、多少の地震では全く動じない子でして。
今日の地震も、私の方が反応するの早かったという(笑)。
「あれ?…揺れ、てるよね? ねえ、これ、揺れてるよね? ねえ?」と猫に呼びかけてる間に結構揺れも強くなっていったのですが、猫は一向に動じることなく、ごろごろと喉を鳴らし続けておりましたよ。その数分前、近所の野良猫が我が家の庭を通りがかったときにはあれほど緊張してたくせに! なんでしょう、震度2程度では大丈夫だと本能的に判断しているのでしょうか。それとも完全に野性を忘れているのでしょうか。

「うちの猫、地震起きても全然動じないんですよねー」という話を知人にしたところ、「飼い主に似たんですね」と言われました。
…ええと? 飼い主ペットそろって肝が太いと? そういう話ですかこれ?

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。