瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 日記 > 不二子ちゃん!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不二子ちゃん!

2012 - 04/17 [Tue] - 00:00

深夜にやってる「LUPIN the Third -峰不二子という女-」がお気に入りです。

セクシーでけだるげなオープニングといい、原作を意識した絵といい、子供向けを意識しない作り方といい、素晴らしい! 不二子ちゃん色っぽい…でも、本当に気前よく脱ぎますね(笑)。第一話ですぱーんとお胸を出して、そのままアクションに移ってしまったときには、ちょっとびっくりしました。それもまた良しですが。
前回のTVスペシャルから新しくなったキャストの方々も、本当に違和感なく見られますね。色っぽくて、でも可愛い、沢城みゆきさんの不二子ちゃん声。素敵です。

まだルパンファミリーができる前のお話ということで、ルパンの横にはまだ次元がいないのですね。というか、第一話のルパンのかっこいいこと! そうですよ、ルパンってかっこいい男なんですよ! 思い出させてくれてありがとうございます!(笑)
そして、第二話の次元がまた、大変原作テイストな外見で。まだ殺し屋だった頃の次元! ああ、夢がふくらむ(笑)。次元のエピソードといえば、一癖ある美女がからむのがセオリー。美女じゃなかったら、昔何か因縁のある殺し屋ですよね。美女と殺し屋にしか縁がないのかあんたは! 教会でのガンアクションのシーンが、とても素敵でした。
やっぱり次元の声だけは小林清志さんのままでいてほしい…そりゃあ、確かにお声に年齢が出てしまってますけど。昔のテレビシリーズの頃の声とは違いますけど。でも、私にとって次元の声はコバキヨさんなのです。

銭形のとっつぁんもかっこよかったですねえ。何ですかあのハードボイルドな人は。
でも、とっつぁんが第一話で連れていた若い刑事さんは一体…? 私も原作全部読んでるわけではないので、いまいちこの人に心当たりがないのですが…原作くまなく読んだらどこかにいらっしゃるのでしょうか。というか、なぜ頬を染めるの。「とっつぁんは男が惚れる男だ」というのを語りたいんですか。いやでもちょっと…なんだかな。

ところで、五ェ門が出るとしたら、やっぱり原作テイストなのでしょうか。ということは、顎割れてるのでしょうか…?
五ェ門といえば、いわゆる「旧ル(緑ジャケ)」で、不二子ちゃんのことを「それがしのガールフレンドの、峰不二子ちゃん」とルパンに紹介していた姿が忘れられません(笑)。五ェ門が一番、作品によってキャラづけが変わりますよね。私はやっぱり、赤ジャケルパンの五ェ門が一番しっくりくるのですが。まあ、あの人、最終兵器ですからね…お話にからめるの難しいですよね…そのせいでTVスペシャルでは一時期ひどい扱いだったような気が。「もっと五ェ門を愛してください!」と直訴したかったですよあの頃は。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。