瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 日記 > テスト販売始まってますねー。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト販売始まってますねー。

2012 - 03/03 [Sat] - 00:45

昨日(ああいや、もう一昨日ですね)、『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』の見本誌が私の手元に届きました。
もうね、本当に表紙が綺麗なのですよ! 青くて、でもちょっと白く透けてるような感じが若干儚げというか切ないというか。キャラの表情は割と明るめなんですが、とてもいい雰囲気の絵だと思います。大好きです。
今回、実は少々無理を言って、表紙に三人並べていただきました。一巻と体裁を合わせるなら、紅羽さんと十夜さんが二人並んでる方が収まりはよかったのかもしれませんが…いやあの、表紙に誠二いないと、なんか主役からあの人降ろされたみたいな感じに見える気がしまして。でもお話自体は誠二を中心に回っていくので、できれば表紙にいてほしかったのです。で、結局、「姫様と愉快な下僕たち」的な感じでまとめていただいて。
中の挿絵も素敵ですよ。誠二がお色気ねえちゃんにからまれたりしてます(笑)。

一部書店さんでは、もうテスト販売が始まっているようです。本日見に行ってみたところ、横浜駅西口の有隣堂コミック王国さんには、同時発売の桑原水菜先生著『プラネット・サファリ 百獣王の双子』と一緒に平台に並んでおりました。…今回は、ちゃんと心して行ったので、「ぎゃあっ!」とはなりませんでしたよ、大丈夫ですよ。

そして、1000ヒット御礼の小話は、もうちょっとお待ちくださいませ。今、準備中でございます。大丈夫、公式発売日までには載せますから!
あ、あと、担当様とお話していたときに「こんなネタが読みたいです」と言われて考えた小話なんかもあるので、それもいずれは。二巻の後日談的なやつなので、発売日から一か月くらいしてから載せようかなと。
本の中にはどーしても組み込めない小ネタというのは、割とぽろぽろあったりするのです。そういうのをぽんと載せられることを考えると、やっぱりブログを始めてよかったなと思います。同人誌作ったりするバイタリティはちょっとないもので…作れたら面白いだろうなとは思うのですけれども。

そういえば私、スペイン写真を載せるとかも言ってたような気が。ええ、それもそのうちに…ああ旅行に行きたい。旅に出たい。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。