瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 日記 > 続きが出ますよー。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きが出ますよー。

2012 - 02/03 [Fri] - 23:31

ええと、なんだかもうあちこちに情報が出回ってるようなので、書いちゃってもいいのかなと。

というわけで、『妓楼には鍵の姫が住まう』の2巻がですね、ありがたいことに出るそうなんですよ。なんと3月に。もうすぐですよ! たぶん一番これにびっくりしてるのは私。

おかげさまで、じたばたも最終段階に入っております。人間というのは追いつめられると奇行に走りやすいものですが、私も真夜中にぶつぶつと「奇跡はまだこれからさ」(←なんでしたっけ、これ。サイバーフォーミュラ?自分で呟いてながら、出典を忘れてる)とか「うんっ、わたし、がんばる!」(←これはSound Horizon。「Märchen」のLiveDVD買っちゃったからだな…お芝居みたいですごく素敵)とか「さすがです、眞悧先生!」(←ピングドラムなのは間違いないですが、全く何の脈絡もない)とか、やばい感じに呟くようになりました。ああ1月はもう終わってしまったのですよね、うん、知ってますよ! デパートではヴァレンタイン・フェアなんかが始まってますね。ああっ、チョコ買いあさりに行きたい! 主に自分が食べる用に!!(笑)

詳しい宣伝はもうちょっとしてからしようかと思ってますが、お話としましては、前巻から3カ月くらい後のことです。夏のお話です。日本列島今まさに凍えてる最中ですが、夏仕様の紅羽さんの着物の柄を考えるのが楽しかったです。誠二は前の巻に比べると成長した。でもまだ頑張れという感じです。

さあ、それではまたやばい感じに色々呟きつつ、じたばたしてまいります。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。