瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 未分類 > ラブソングの帝王。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブソングの帝王。

2015 - 08/11 [Tue] - 01:14

毎日毎日本当に暑いですね!! でもそんな中、行ってきました野外ライブに! かっこよくて可愛くて面白くて声が素敵で歌が上手くてギターも上手いラジオ国の国王を観るために!! そう、『福山☆夏の大創業祭2015』! 
そういえば写真撮るのをすっかり忘れてましたが、日産スタジアムでした。初めて行きましたが、でかい! 広い! なのに、そんなでかくて広いところに人がみっちり! なんと1日で7万人動員だそうですよ。私が行ったのは横浜最終日でしたが、さすが7万人、行きの横浜線が死にそうなことになってました…ぎゅうぎゅう。しかも、ほとんどの皆様が同じ目的地ですでに大はしゃぎだったせいか、車内でかなり大きな声でお話になる…いやあの、中には別の目的地の方もいらっしゃったかと思うので、もう少し車内マナーにご配慮を…と思ったりもしましたよ。相変わらずぼっち参加な者の僻みかもしれませんが。どーしてこれだけ国民的大スターだというのに、私の周りにはラジオ聴いたりライブに行ったりするほどの福山雅治ファンがいないのか!! 割と本気で不思議な気分…皆、「あ、福山雅治好きなの? かっこいいよね!」とは言ってくれるんですけどね…。

ライブ開始の1時間くらい前に日産スタジアムに着きまして、フードもグッズも気にはなったんですがあんまり時間がなかったので諦めて、会場内でTalkingF.Mが流れてるのを聴きながら開始を待ちました。北スタンド席、ステージの真正面でした。幸いなことに日陰でした! 相変わらず客層は実に幅広く、よちよち歩きの幼子とそのお母さんとさらにそのお母さんといった組み合わせなんかも。そして男性のお客さんも本当に多い。さすが男性限定ライブであれだけの人数を動員した御方です(笑)。実に真面目そうな方から実に元気そうなギャルまで、なんかもうありとあらゆる層の人がそろってるんじゃないかと思えるほどでした。国作れますよこれ。
スタジアムの上の空は綺麗な青で、雲は白くて、夏だなという感じでした。でも不思議に風が気持ちいい。うん、野外ライブもいいですね。途中、ぱたぱたとコウモリが一羽スタジアム内を飛んでましたけど。
そして始まったライブ!! やーもー本当にかっこいいー!! ステージまで遠かったけど、手乗りどころか指乗りサイズといってもお釣りがくるくらいだったけど、大丈夫でっかいスクリーンがあの御方のアップを届けてくれました(笑)。でもやっぱり遠いなあと思ってたら、アリーナ席をぐるっと取り囲む通路を歌いながらめぐって会場中にサービス! 私の真正面の辺りで止まったと思ったら、なんとそこでぐいーんと櫓的に小ステージがせりあがる!! おお、ちょっと近くなりましたよ表情が十分視認できますよ! 「Peach!」の尻ヅラもひさしぶりに登場でしたね、お尻には「安心してください、穿いてますよ」の文字が(笑)。そしてTバックの布をめくると「祝25周年」の文字と福山さんの笑顔がお尻の割れ目に(笑)!! 始めの方の演出で、赤白青黄の風船がぶわあっと大量に空に放たれるというのがあったんですが、微妙な螺旋を描いて昇っていく風船がとても綺麗でした。ちょっとDNAみたいにも見えました(笑)。
新曲で始まり、懐かしい歌も今度出るCD収録の新曲もたくさん歌ってくださいました。私が行ったのは8月9日で、ちょうど長崎に原爆が落ちた日だったので、「クスノキ」がいつも以上に胸にきましたね。夏歌セレクションも素敵でした。「蜜柑色の夏休み」が大好きなんですよ、まんまるねこが待ってるおばあちゃんの家に行く福山少年の歌。ラブソングセレクションも素敵でしたね、昔はラブソングなんて作ったことなかったそうですが、福山さんのラブソングってすごく好き。割と女の人目線の歌も多いですよね、「squall」とかとても好きですよ。「最愛」も切なくて大好きなので、今回聴けて嬉しかった!! あと、「幸福論」! 私、福山さんの歌でベスト10作れと言われたらたぶんこの歌をかなりの上位に入れてしまう気がする…実はかなりシビアなことを歌ってるようにも聴こえる、でも何気ない幸せについて肩に力を入れずに歌ってるこの歌が、本当に本当に好きなんです。後半畳み掛けるように続いた熱い系の歌では、タオルぶんぶん振り回してきました(笑)。「RED×BLUE」大好きだなあ! 新曲の「ステージの魔物」も大好きだなあ! うん、なんかもう全部大好きだなあ!!(笑)
 
デビュー25周年ということで、これまでのことを振り返る映像が流れたりもしました。初期の頃のライブ映像で楽しそうに手を振る福山さん、「CDは売れなかったけど」「でもライブをやる度にお客さんが増えて」「CDは全然売れなかったけど」「でもこのままライブを続ければいつか武道館に立てるんじゃないかと思って」という言葉がなんだか胸に沁みました。本当に何度も「売れなかった」という文字が映し出されたんですが、それでもずっと走り続けて、途中ちょっとお休みもしたけどその期間のことも全部糧にして、そうして今の福山さんがいるんだなあと。そして「今では46歳にしてJ-POP界のラブソングの帝王と呼ばれる身に」(笑)。自分で言うところが素敵です福山さん(笑)。あと、「デビューしたころの写真は笑顔のものがないけれど、今では皆のおかげでこんなに笑顔になれました」という言葉にちょっと泣きそうになりましたよ。たくさんのファンの人達の笑顔の写真を貼り合わせて大きな福山さんの笑顔を作ったあの写真、とても素敵でした。

「これまでの25年ありがとうございました。どうぞこれからの25年もよろしくお願いいたします」という冗談交じりのご挨拶がありましたが、これからの25年くらい全然余裕だと思います! むしろこちらこそ、これからもよろしくお願いいたしますという気分でした!

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。