瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 日記 > こちらも毎年恒例。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらも毎年恒例。

2014 - 12/31 [Wed] - 00:33

今年も行ってきました。
141228_1547~0001
『福山☆冬の大感謝祭 其の十四 お待たせしました! あなたの街でもオープンしちゃわnight!! 旅する音楽の館、Hotel de FukuyamaⅢ』!! 
長い!! 相変わらず長い!!

魂ラジ初回から聴いていた者としては、先日の魂ラジ終了のお知らせがそれはそれは悲しかったのですが、でも「深夜ラジオ眠い」と言われたらそれはそうですよねお疲れ様ですとしか言えません。むしろあれだけ忙しいのに今までよく続けてくださいましたよねお疲れ様ですという感じです。ラジオから福山雅治ファンになったので、できれば日曜のラジオの方だけでもぜひ末永くお続けいただきたいなと。そのくらい、この方のラジオが私は好きです。面白いんだもの本当に!

でもラジオだけじゃなく、声も歌もお姿も全部好き(笑)。
というわけで、今年も福山支配人に会うためにパシフィコ横浜へ。私が参加したのは28日でしたが、あの日みなとみらいにいた人々のうち何十パーセントがライブの参加者だったのかなーと…本当に、横浜に毎年素晴らしい経済効果をもたらしてくださっている御方です。ぜひ来年もよろしくお願いいたします。

今年もパシフィコには福山支配人考案の食べ物を提供するフードコートが。今年は角煮まんをいただきました。
141228_1607~0001
ハトシを食べたかったんですが、残念ながら売り切れでした。でも角煮まんも美味しかった! 分厚い豚の角煮がどーんと入っててなかなかの食べごたえ。ちなみにお水も売ってました。「お水 de Fukuyama」。Spanish?
他のお店では、去年もあったアゴ出汁のおそばや皿うどん、今年新登場のカレーライスなんかも売られてました。福山支配人はお客様の胃袋にまで気配りをしてくださっているのです。年々メニューが増えていくので、全部売り切れなんて目に遭うこともなくなりました。来年はさらにメニューが増えるのではないかと期待しております(笑)。もういっそレストラン経営に乗り出せばいいと思いますよ!

グッズコーナーは、福山雅治プロデュースの下着(支配人はお客様のアンダーウェアにまで気を配ってくれているのです)のみ売り切れてました。とりあえず、会場で振りまわす用のタオルと「お守り de ましゃだるま」(エロ恋みくじ付き)の黒を購入。おみくじは「福吉」で良いことしか書いてなかったんですが、これって凶とか存在するのでしょうか? 
そして、Bros.TVの第四弾も購入! ファンクラブ会員向けに一か月に一回放送されていた番組でしたが、これも終わっちゃって悲しかった…毎回大変笑わせてもらっていたのですが。ちなみに今回、購入特典としてBros.TV全巻収納できる組み立て式のボックスがついてきました。支配人はお客様の収納にまで気を以下略。

勿論福山大明神にもお参りしてきましたよ。
141228_1630~0001
141228_1633~0001
巨大ましゃだるまの微笑みが神々しい…。

そんな至れり尽くせり気配り満載な支配人のもと行われたライブなわけですが、今回内容についてはネタバレ厳禁とのことなので、ライブ内容については書かないことにいたします(たぶんあのへんが特にネタバレ厳禁なんだろうなーとは思うのですが…私もあれが始まったとき「わおっ!」ってなりました、はい)。
とりあえず書いても支障なさそうなことというと…ええと、今回は「福山へそ祭り」でした! お召しになっていたシャツの裾が若干短かったのか、それともわざとなのか、ジャンプするとへそが! しかもそれをカメラさんが360度から撮影したものをスクリーンに映してぐるぐる回す! ありとあらゆる角度からヘソ出し福山雅治を堪能できる!! …いえあの、別に男性のおへそにものすごく執着があるわけではないのですが、普段あまり見られないものなので、つい興奮してしまいまして…。
そして言うまでもないことですが、支配人、大変大変かっこよかったです! 素敵でした! しかも年々素敵になっていく気がします。あと、毎回この方のライブに行くと思うんですが、ファン層が本当に幅広いんですよね。親子三代とかで来てるような方もいたりするんです。私の斜め前のお席には結構なご高齢と思われるおじいさまがいらっしゃいました。それと今回、二列前の席にグループで来ていると思われる男性の方々がいらっしゃったのですが、後ろの人に気を遣ってか、ほとんど席から立つことがなく、優しい人達だなあと。アリーナ席で高低差がないと、前に背の高い男性がいた場合、真後ろの女性はほとんど見えないですからね。とはいえそんな彼らも、さすがに福山さんが目の前を乗り物に乗って通ったときは立ち上がって大興奮してました(笑)。男性ファンの野太い「ましゃー!」「まーしゃー!!」という歓声が私は大好きです(笑)。老若男女から愛されている人でございますよ本当に。良い一年の締めくくりでした。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。