瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 観劇 > 蛾の次はホタルイカでした。  

蛾の次はホタルイカでした。

2013 - 05/17 [Fri] - 01:48

何のことやらなタイトルですが、わかる方にはわかる(笑)。

いやあの、ええと、行ってきてしまったのです、StarSコンサート神奈川公演…だって地元だし! もしかしたらと思って調べてみたら、当日引換券がまだ残ってたし!!
シアターオーブで買ってきたミニアルバムについてたDVDをひたすらリピートして見てたら、もう一度踊りながら歌う彼らを見たくなってしまったのです。DVDのメイキング映像、楽しかった…男の子達(と言っていい年齢ではもうないのでしょうけど)が仲良くきゃっきゃしてる様って、いいですよねー。本当に楽しそうで。

「Gleam」、「You Can't Stop The Beat」と2曲連続で歌う彼らの姿は、やっぱりジャニーズの人のようでしたよ(笑)。「遅れてきたアイドル」な浦井くんのせいばかりじゃないと思います。なんかもう歌って踊る様が3人ともきらきらしてて、振り付けもアイドルちっくで。もともと浦井くんファンなのでついつい浦井くんにばかり目が行きがちなんですが、気づいたら井上くんのことも目で追ってしまっていたのは、井上くんの動きがとてもきれいだからかと。浦井くんのダンスも大変軽やかで上手いんですけど、井上くんの動きってなんだか「すっ」としててきれいなんですよね。自然に目が行く。あとたぶん私、井上くんの脚が超好み(笑)。
それにしても、井上くんの声の安定感ときたらハンパないですね! 安心と信頼の井上ブランド! どうしよう、私、StarSでものすごく井上くんのファンになってしまった気が…前はそんなでもなかったのに(←こら!)。「二都物語」がとても楽しみです。チケット無事確保しましたとも!
でも本当に、井上くんの「最後のダンス」は鳥肌もので。いつかトート役やってくれないかなあ…今日はエリザベートの演出してる小池さんも来てたらしいし、いいアピールになったんじゃないかなと。
浦井くんの「Midnight Radio」もやっぱりとても素晴らしかったです。実はこれが一番、もう一度聴きたかった歌なのです。浦井くんの、トークのときのふわあっと高い声とは違う、深くて力強い歌声。好き。すごく好き。歌の後、育三郎くんが「やっぱ健ちゃん、かっこいい」と褒めたら、浦井くんは「わァ!」と不思議な奇声をあげて喜んでました(笑)。

いつか浦井くん主演で「ヘドウィグ」を…と想像してみました。とりあえず、この前観た未來くん版のヘドウィグで、未來くんと浦井くんを頭の中で置き換えてみて…いやいや待て待て、あの衣装を、浦井くんが!? あのエロネタ下ネタ満載の舞台を!? 盛りまくりのかつらにつけまつげにミニワンピに蛍光グリーンの下着で大股開き!? わあ、想像しただけで脳味噌がぼふっと爆発しそう(笑)。とっても観たいような、でも観てはいけないような、そんな気がしてしまうのはなぜなのでしょう…名曲ぞろいの舞台なので、浦井くん版でもっと歌は聴いてみたいですけどね。

トークは、今日もはじけてました(笑)。
StarSの名前の由来説明が、今日は最初のトークコーナーで行われてたんですが、やっぱり興奮しすぎる浦井くん。育三郎くんに「健ちゃん、うるさい」と怒られてましたよ(笑)。気配り屋さんの育三郎くんはちゃんとその後「嘘だよ」とフォローしてましたが(「本当っ?」とすごく嬉しそうに訊く浦井くんのまた可愛いこと可愛いこと…なんだろう、このわんこみたいな人)。あと、「StarSのロゴの最初の「S」の字にからんでる蔦みたいなのは、僕、『しがらみ』だと思ってました!」という浦井発言に残り二人がびっくりしてたり。その後の、「しがらみから解き放たれて飛び立つ浦井くん」のポーズがものすごかった(笑)。Sの字を描いた末に本当に飛び立ちそうな姿だった!
育三郎くんによる浦井くんの物真似は、今回もありまして。楽屋入りする浦井くんの様子を身振り付きで再現。「ははは~ん育~♪ ははは~ん育~♪」とスキップ踏みながらやってきて楽屋に入り、布施明さんの歌をずーっと聴いていたそうです(笑)。浦井くん曰く、布施明さんの歌を聴くと喉の奥が開くのだとか…「ちょっとやってみてよ」と井上くんに促され、布施明さんのように歌うのかと思いきや、美輪様の物真似で歌い始める浦井くん(笑)。この美輪様の物真似がまた無闇に似ているという…芸達者だな浦井くん。

そして、浦井爆弾は今日も炸裂。先週観に行ったオーブではお客さんを蛾にたとえた浦井くんでしたが、今日はホタルイカにたとえましたよこの人。お客さんが持ってるサイリュームがとっても綺麗だねという話になって、「ホタルイカみたいですよね!」と。「ホタルイカ!?」とぎょっとする二人に、慌てて「じゃなくて、チョウチンアンコウみたいな…?」と言い繕うどころかさらに深みにはまる浦井くん。ホタルイカが余程ツボだったのか、井上くんまでいつまでもホタルイカ発言を引きずり、「ホタルイカってキュキュキューって鳴きそうだよね!」とはじけだす! 最終的には育三郎くんが「二人とも、うるさい」と叱ってました(笑)。3兄弟の末っ子でも次男でもなくお母さんですね、育三郎くんは…。
というか、前回はまとめ役だったはずの井上くんが、今日はとってもはじけてたような気がいたします(笑)。「お客さん、五十肩なのにサイリューム振っててよく大丈夫だよね!」と言ってたことを浦井くんにばらされたりもしてましたよ(笑)。ええまあ、確かに客層結構上ですよね…ミュージカルファンの方が多いから。それなりにご年配の方も、ちらほらどころか結構いたような…。

StarSCDはオリコンデイリーランキングで連続トップ10入りの末に3位に食い込んだり、ウィークリーランキングでも7位だったりと(数字担当のはずの浦井くんが、説明の途中ですこーんと記憶を飛ばして井上くんにすがるような目を向けてました)、好調のようです。来週にはNHKの歌謡コンサートに出てレミゼの歌をフルオーケストラ付で歌うそうで、そちらも楽しみです。
今回はミニアルバムでしたが、ミニじゃないアルバムもそのうち出るのでしょうか。出たらいいな、そのときはぜひ「Midnight Radio」を入れていただきたい! そして、またコンサートをぜひぜひ! 
3人の今後の活動にますます期待が高まる、素敵なコンサートでした。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク