瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 日記 > お誕生日でした。  

お誕生日でした。

2013 - 01/21 [Mon] - 23:14

…いや、この年になると、もうあまりめでたくもないんですけどね(笑)。
まあでもとりあえず健康に、また一つ年を重ねられたのは喜ばしいことなのかなと。

毎年、なんとなく記念のように、誕生日に合わせて身につけられるものを買います。誕生日にかこつけてそのとき気に入ったものを買ってるだけという説もありますが。なので、買うものもばらばらだし、値段も結構ばらばらだったりして。
今年は、指輪を買いました。
柱時計の番人さん
お気に入りの鳥かご型の指輪ケースに入れてみました。孔雀洞雑貨舗さんの、ハンドメイドアクセサリー。「柱時計の番人」という名前だそうです。歯車と家守が組み合わさった結構存在感のある指輪で、面白くて可愛いくてすごく気に入りました。こちらのアクセサリー、しばらく前に見つけて以来、ちょこちょこ集めてるのです。(←ほらやっぱり、理由をつけて欲しいもの買ってるだけだ)

そういえば、昔やっぱり誕生祝い的に買った指輪、去年なくしてしまって出てこないんだよなあ…ヴィクトリアンジェットがついたシルバーのリング…すごく気に入ってて、何年も使ってたんですが…ナイナイの神様にお願いしたら出てこないかしら。大事なものほど意外となくすんですよねえ。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク