瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 日記 > 新年ですね。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年ですね。

2013 - 01/01 [Tue] - 22:33

あけましておめでとうございます。2013年という年が、誰にとっても良い年となりますように。

掃除って物を捨てることだよなとしみじみ感じる大晦日をやり過ごし、無事新年を迎えることができました。…うん、わかってるの、物をため込むこの性質が良くないの…わかっているさいつだってそんなことは!

去年はまたばたばたと色々あった年だったなあと…世の中的にも、私個人にとっても。このブログも、f-Clan文庫の休刊と共におしまいにしようかなと思わなくもなかったのですが、まあなんとか続いています。ほとんど観劇ブログと化していますが。…ええと、本関係でお知らせとして載せられるようなことがちょっと今ないのが本当に申し訳なく…今年はもっと頑張らなくてはと。そんな決意を固めている年始めです。

基本的に私は「人生楽しく生きるのが一番だ」というのが信条なので、このブログにもなるべく楽しいことだけを書きたいなと思っています。
勿論人生というのはそんな楽しいことばかりではないわけですが、可能な限り楽しいことを自分で引き寄せて生きていきたい。全力で遊んで全力で仕事して(で、無理がきてたまにちょっと体壊す)みたいな感じに。
なので、公式にお知らせしていいようなことができるまでは、当分このブログは「あそこに行きました」「こんな芝居観ました」「これ美味しかった」「この映画好き」みたいな日記ばかりが載るかと思います。そんな内容でも良いという方は、ぜひ今年もお付き合いいただければと思います。
小話も…そのうち何か載せられたらいいなとは思っています。とはいえあれは完全に私の息抜き代わりのようなものなので、いつとはお約束できませんが。何しろ義務化したらあんなの書けない。

去年の私の最後の「楽しいお出かけ」は映画「フランケンウィニー」でした。ティム・バートン好きにはたまらない映画でした。シュールでブキミカワイイ。つぎはぎだらけの体で蘇生したブルテリアのスパーキーが、自分が死んだことも知らずに生前と同じく水飲んで、全身のつぎはぎからしゅぱーっと散水してしまって自分でびっくりするシーンとかものすごく可愛い。色んな映画のパロディもたくさん入っていたような気が。でもティム・バートン好き以外には薦めません。
今年も全力で「楽しいこと」をやりつつ、それ以外も頑張ります。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。