瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 日記 > おてるでふくやま。  

おてるでふくやま。

2012 - 12/30 [Sun] - 02:28

すっかり年末ですね。そして毎日とにかく寒い…でも、そんな寒さの中、福山☆冬の大感謝祭其の十二「Hotel de 福山~お前とGAMEするBeautiful liveな十日間♡~」に行ってきました。
というわけで、今日の日記はカテゴリ「ましゃ」です。福山雅治ファンの方、ファンじゃなくてもお嫌いじゃない方のみ、先をお読みくださいませー。

参加したのは、開催七日目にあたる27日。会場はパシフィコ横浜。ちなみにライブタイトルは「ほてる・で・ふくやま」ではなく、「おてる・で・ふくやま」です。スペイン語読み。
クイーンズスクエアからパシフィコ横浜へ通じる通路には、どどんと大きなポスターが。
Hotel de 福山
ポスターの前は、クリスマスが終わったので撤去中と思われるモミの木が死屍累々な感じでした(笑)。クリスマスから正月への模様替えはどこも大変そうですね。

ホテル福山へようこそな今年の冬の大感謝祭。ホテル福山の総支配人であらせられる福山さんは、オーベルジュスタイルのおもてなしを目指して皿うどんや角煮まんまで会場で販売…してくださっていたのですが、私が着いたときにはもう売り切れでした。匂いだけ残ってましたよ、匂いだけ(泣)。オリ醤も売り切れでした。
今年は初めて福山大明神にお参りもしました。…ファンじゃない人には何のことやらでしょうが、感謝祭と銘打たれたライブのときには福山大明神という大変ありがたい神社ができるのです。ええ、参拝客がものすごい行列を作る、それはもうありがたい神社ですよ。
福山大明神
お賽銭は、震災復興のための義援金やAct Against AIDSの活動のための募金に使われるそうです。

会場はすでに人でいっぱい。一日に一万八千人が参加してるそうで、十日間で18万人を動員…それだけの人が横浜で食事したり買い物したり泊まったり交通機関を利用してるのかと思うと、ものすごい経済効果。横浜市民としてお礼を言わせていただきます(笑)。ぜひ来年も横浜で感謝祭をしてくださいー。
座席は西アリーナだったんですが、これが舞台にものすごく近い!(福山さん曰く「渋谷公会堂を思わせる近さ」だそう)
そして、ついに福山支配人が登場! なんと銀の総スパンコールなジャケットにサングラス姿ー!! き、きらきらどころかぎらぎらしてるよ支配人! 輝きまくってまさにスター(笑)!! ど、どうしたんですか、いつも割とナチュラル系の格好が多いのに…上海の映画祭でスタッフに「もっとスターっぽい衣装ないんですか?」と言われたのがショックだったんですか、ラジオリスナーからのお便りで「福山さんって衣装ナチュラルだよねと友達に言われました」とあったのをひそかに気にしてたんですか!? でもいい、これはこれでかっこいいから!!(←すみません、色々末期症状なんです)そんな格好でじゃーんとギター奏でられたりした日には、もう素直に惚れ直すしかありません。そしてそのまま、毎回進化を重ねてエレクトリカルパレードみたいになった乗り物(電飾きらきらな上にレーザーまで出た!)に乗って会場を一周する支配人。あああ、本当にぎらぎら輝いて眩しい! しかも、ちょうど私の目の前で乗り物が停まったので、驚くほど近くでギターを演奏する支配人を見てしまいました。あまりに近すぎて、支配人がこっちを振り返った瞬間びくっとしてしまったくらい(笑)。ああこの人本当に生きてるんだ、テレビの中だけの人じゃないんだ…と妙な感動が。

2曲終わった時点でぎらぎらジャケットを脱ぐと、中はTシャツにさらっとしたベストといういつものナチュラル系。あ、やっぱりこっちの方がいいかも(笑)。その後もジャケットを替えたり、何度かお衣裳に変化がありました。新曲の披露もあり、今年の「お仕事VTR」のコーナー(ナレーションは市川猿之助さん!)もあり、ライブの内容も大変充実。今回は、鍵盤弾き語りのコーナーまで! 弾く前に気合入れっぽく何回か座り直す様がなんというか可愛かったです(笑)。「がんばって!」と客席から飛んだ声援に、「あのですね、皆さんが思ってるより、僕、ずっとがんばってます!」と答える支配人。はい、いつも様々な試みでお客さんを楽しませようとしてくださるあなたが大好きです。
今回のライブでは、電球を使った光の演出がすごく綺麗でした。演奏中の支配人を囲む感じで上からつーっと無数の電球が降りてきて、それが着々と配置を変えながら回ったりして、何重もの光のリングみたいに見えて。歌は、リノベーションした「LIKE A HURRICANE」が大好きです。歌詞変わったらものすごくエロエロな歌になっちゃって(笑)。

ライブ中の福山さんの笑顔が、とても好きです。すごく楽しそうで、きらきらしてて。43歳なのに!(笑)ライブ中に過去の映像もふんだんに流れて、高校生の頃からデビュー直後、10年くらい前、とお若い頃の福山さんのお顔もたくさん見られたのですが、本当にいい年のとり方をされてるなあといつも思います。そしてだんだん体に厚みが増していくのがすごい。若い頃はかなり細かったのに、今は見事に筋肉がついてて。うーん、一度両腕でがしーっとしがみついてみたい…。

良い一年の締めくくりライブでした。来年は新年早々NHKの「ホットスポット」も放送されるそうで、今から楽しみです。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク