瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 2016年04月03日  

MUSICAL MEETS SYMPHONY 2016。

2016 - 04/03 [Sun] - 17:45

めっきり春ですね! 桜が満開です。花粉も飛びまくってるようですが、私はとうとう花粉症デビュー…っぽい感じ。近頃喉の奥が痒いです。まあ、そんなにひどくはないので、まだぎりぎり踏みとどまっているのかもしれませんが。

それはともかく、「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー」というミュージカル楽曲を集めたコンサートに行ってきました。渋谷のオーチャードホールにて。ひさしぶりのミュージカル成分補給。やっぱりいいですね、ミュージカルの歌って。知らないミュージカルの歌もあったんですが、それでもものすごく胸にくる。とても贅沢な時間を過ごしてきました。
登場歌手は、濱田めぐみさん、山崎育三郎くん、沼田みゆきさん、ピーター・ジョーバックさん、特別ゲストとして石丸幹二さん。皆様素晴らしい歌い手! 濱田さんの歌声は何度聴いても圧倒的で胸が震えます。育三郎くんの「キッチュ」は一足先にエリザベート気分になれました。沼田みゆきさんも素晴らしく華のある歌声。ピーター・ジョーバックさんは実は今回初めて知る方だったんですが、もう本当にすごい! 一曲めがこの方の「サンセット大通り」だったんですが、完璧なつかみでしたよ! ぐわっとこちらの心臓を鷲掴みしてくる歌声! 石丸幹二さんの声もすごかったです、何しろマイクが彼の声量に耐え切れずにびりびりしてました(笑)。音響さん頑張って、石丸さんの美声をなんとか割れずに客席に伝えてくださいませよ!

劇団四季があまり得意ではない(歌はいいんですが、台詞の言い方がどうにも…)ので知らなかったんですが、濱田さんと沼田さんといえば『ウィキッド』でエルファバとグリンダをやった2人だったんですね。『ウィキッド』は観たことがないんですが、曲はちょいちょい知ってまして。今回の第一部ラストが『ウィキッド』の「DefyingGravity」だったんですが、ちょっとだけ台詞が入ったせいもあって、もうこれコンサートじゃなくてミュージカルのワンシーンそのままですよねってくらい、気持ちが盛り上がりましたよ。濱田さんが切ない声で「グリンダ!」って呼びかけただけで涙出そうになったくらい。そして、劇場中の空気を染め上げるような、情感あふれる濱田さんの歌声! お客さんの拍手も、この歌のときが一番すごかった気がします。 まるで爆発するような、もう手を叩かずにはいられないって感じに誰もが大きく拍手してました。ああ、濱田さんがやってたなら、『ウィキッド』観ておくべきだった…もったいないことをしました。沼田さんの「ポピュラー」も可愛かったなあ…本当、観とけばよかった! 何しろ舞台ってそのときだけのものだから、見逃した舞台は原則もう二度と観られないのが辛い。再演はあっても、キャスト違ってたらまた印象は全然違いますからね。

アンコールの「マンマ・ミーア」メドレーもとても楽しかったです。ああ本当に、素晴らしいコンサートでした。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク