瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 2016年01月07日  

帰ってきました。

2016 - 01/07 [Thu] - 12:59

諸々無事終わりまして、昨日退院しました。
手術直後はものすごーく痛かったんですが(そりゃもう口開けば「痛い…」しか言葉が出ないくらい)、4時間くらいで痛みもすーっと治まりまして。退院した日は、ちょっとふらふらするくらいで割と大丈夫な感じで。もらった痛み止めとかも、強い方の薬は使わなくて済むんじゃん? くらいに思ってたんですが。
…その日は単に病院でいれてもらってた痛み止めがよく効いてただけだったらしく、今日からまた割と痛いですよ…!!
ていうかそもそもこの手術、他所の病院だと一泊二日じゃなくて三泊四日くらいなんですがー…なんかね、割と何の手術でもあっという間に退院させる方針の病院なんですよ。

というわけで、社会復帰はたぶん予定通りの一週間後。それまでは、録りたまった映画やドラマを見たり、友人から送られてきた煩悩の山を読み耽ったりとかして優雅に過ごします。この煩悩の山と一緒に入ってた年賀状が素晴らしいセンスでしたよ。拷問器具として有名な「鉄の処女」の写真絵葉書に『賀正』と書き添えてあったという…ああ、賀正ってつければ何であろうと年賀状になるのね(笑)。アイアンメイデンの口から吹きだしのびてて、「今年もよろしくお願いします♡」って書いてありましたよ、こちらこそよろしくお願いしますですよ!!

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク