瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 2015年10月12日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都一日めー。

2015 - 10/12 [Mon] - 02:02

というわけで、京都に行ってきました。そして元気に伏見稲荷を一周。はい、元気です。しかも食べた! 滅茶苦茶食べた!!
撮った写真がほぼ食べ物という驚き(笑)。
そんなわけで、ほぼ食べ物ばかりな旅の記憶をご覧あれ。一泊二日京都旅行でございます。

さて初日。初日から笑えるトラブルに見舞われました。
友人と新横浜駅で待ち合わせして、無事合流。ちょっと早いけどホームに上がってしまおうということになり、待合室からホームへ移動。そして、やってきた新幹線に乗り込む我々。しかし、我々の指定席にはなぜか先客が。「…あのー、お間違いでは?」「はい?」「え?」お互いの切符をチェックし…「失礼いたしましたー!」となったのは私達の方。
…はい、ここでちょっと上の記述を読み返してみましょう。『ちょっと早いけどホームに上がってしまおう』とありますね? そうです、ちょっと早かったんです。なのに、やってきた新幹線に乗り込んでしまったということは、それは我々が乗る新幹線のひとつ前のやつということで。…お喋りに夢中になっててうっかりしてたんですよ。怖いですねボケてますね初日からふるってますね我々!
「わー、乗り間違えたー!」「とりあえず車掌さんに相談だー!」ということになり、一人目の車掌さんには「あー、自由席に行っていただくしか…」と言われ、すごすごと自由席に移動。当然のように満席。さすが秋の行楽シーズン!! こういうとき、私は割とあっさり諦めが入ります。「あ、そーですか、じゃあ通路で過ごしますかね」と。が、友人は諦めなかった! トイレに行くついでに出会った別の車掌さんを捕まえて交渉し、首尾よく空き指定席を手に入れてくれました。おおお、諦めないってすごい。そして親切な車掌さんがいてくれてよかったー!

そして、なんとか京都に到着。駅前のホテルを予約していたので、とりあえずホテルのクロークに荷物を預けて行動開始。まずはランチですよ! 伊勢丹の中にある「美々卯」さんで、鱧松茸天丼を食しました。湯葉入りのうどん付。
IMG_0187 (350x263)
鱧が食べたかった友人と、湯葉が好きな私の希望が見事に合致!
IMG_0188 (263x350)
ちなみに鱧が最初読めなかった…ハモ。あんまり関東では食べないですね、高級魚なイメージが。

たらふく食べたら、伏見稲荷を目指してまた移動です。
ところで京都駅って、作りが素晴らしいですよね。伊勢丹のレストラン街から外のエスカレーターで下までがーっと降りたんですが、なかなか面白い眺めでした。
IMG_0189 (350x263)

そして、毎年恒例、伏見稲荷!!
今年もお狐様に見降ろされてきました。
IMG_0191 (263x350)
どーんと見降ろされてきました。
IMG_0192 (263x350)
おみくじを引いてみたらば、『ふとしたことから男女の出会いがあるかも。えっちな喜びはあるけど色好みはダメよ』(適当に訳してみましたが、実際こんな内容)と書いてあって、「何じゃそりゃあ!」となりました(笑)。おみくじも色々だなあ…よくある恋みくじ的なやつじゃなくて、普通のおみくじひいたはずなんですが。
そして、私が伏見稲荷で一番好きなお狐様がこちら。
IMG_0196 (263x350)
うーん、いつ見てもナイスなポーズ!
ちなみに途中のお店には、なぜか蛙さん尽くしなコーナーが…誰だ蛙マニアは。可愛いもんだからつい写真撮っちゃったじゃないか!
IMG_0198 (263x350)

そして、元気に伏見稲荷を一周。もうすぐ一周終わりますよという辺りで突然「あ、脚にきた! ぷるぷるしてきた、生まれたての子鹿みたいになった!」と友人が言い出したので、嬉々として「それはもしや何か霊的なものに憑かれたのでは?」と尋ねてみたのですが、あっさり否定されました。何だつまんない。上りより下りの方が脚にくるんだそうです。
ところで伏見稲荷、着物姿の方をたくさん見かけました。あれですかね、着物レンタル? 確か着物をどこかでレンタルして京都の街を歩くとあれこれサービスが受けられるというような話を聞いたことが…でも、着物に草履で伏見稲荷は、さすがの私も遠慮したいかもしれません。まあ、上の方に行けばいくほど着物の方を見かけなくなっていったので、彼らも一周はしてないのかもしれませんが。歩きやすい靴の方がいいのは間違いないですよ。スニーカーはいた男性でも、結構滑ったりよろけたりしてるのを見かけましたしね。

で、生まれたての子鹿な友人を励ましつつ、伏見稲荷を攻略し終えて、再び京都駅へ。こちらが地元の友人と合流し、ちょっと早めの晩御飯です。大丈夫、伏見稲荷一周で結構カロリー消費したはずだし!
IMG_0200 (350x263)
というわけで、駅ビルの中にある「はしたて」さんで、鯛茶をいただきました。普段はすごく混むらしく、夕飯時になる前に入っちゃおうという魂胆でしたが、確かに美味しかったです。食べ終えて外に出ると、行列できてましたよ!

そんでもって、晩御飯の後はデザートです。伊勢丹の中のマールブランシェ!
IMG_0202 (263x350)
ここ、前から行きたかったんですー! メロンのミニパフェとケーキのセットをいただきました。
友人が食べてたいちじくのパフェも美味しそうだったなー。
IMG_0203 (263x350)
で、甘いもの食べながら、喋り倒す我々。近況報告やら萌え語りやら、女子のお喋りは尽きないのです。そのうち閉店時間になってしまったので、今度は地下のPRONTに移動し、お酒を飲みつつお喋りの続き。食べて歩いて食べて食べてな京都旅行初日でした。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。