瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 2012年11月25日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みーなーぎーるー。

2012 - 11/25 [Sun] - 22:42

めっきり寒くなりましたね。末端冷え症の人間にはつらい季節です…すでに足の指が複数のしもやけを訴えてますよ。

それはともかく、Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concertに行ってきました。横浜アリーナ、昼の部。アリーナのBブロックで、割と正面に近かったので、観やすい方だったのではないかと。ちなみに今日の日記のタイトルは、コンサートに行った方にしか意味が分からないのかもしれません…。

ええと、今回はゲームの音楽…だったのですよね。すみません、ゲームの方はやってないのです…ああ、プロデューサーに叩き出される(笑)。何しろほとんどゲームやらない人間なもので、家にゲーム機自体がないのですよ。買ったらはまるから買えないのですよゲームは!
Sound Horizonが好きなのです。といっても、ファンになったのは割と最近…『Märchen』のCDをジャケ買いというか箱買いというか(笑)、なんか本みたいな箱に入った素敵なCDがあるなあと。歌のタイトルも素敵だなあと。それで買ってみたらば、とっても良かったと。で、その勢いで、『Märchen』のライブDVDも買ってみたら、ミュージカルみたいで大変面白かったのです。そんでもって、過去にさかのぼってぽつぽつとCD集め始めて。いつかライブにも行ってみたいなと思ってローチケのお気に入りに「Sound Horizon」と登録しておいたら、まんまとライブのチケット発売案内が届いたと。そういう次第です。
初めて行くアーティストのライブなもので、どんな感じかなと思いながら行ってみたら、横浜アリーナの周りはゴス系の格好した可愛いお嬢様お姉さまがたくさんで、それ見てるだけでも楽しかったです。というか、OzzOnの服着た人がものすごく多い! いや、私も着てたけど!(笑)うん、とりあえず服のチョイスは正しかったようです。まあ、普段から私OzzOn率かなり高いんですが。

今回のコンサートは、フルオーケストラ付き! しかも指揮者は千住明さん! コンサートが始まると、ずらり並んだ七十名くらいのオーケストラがTheme of the Linked Horizonを静かに演奏し始めて。で、がっと音楽が盛り上がって他の楽器も入った瞬間に、があんと心臓を撃ち抜かれた気分になりました。実は朝からあまり体調がよくなかったんですが、一気にブースターのスイッチ入った! 血圧上がった! サングラス着用のRevoさんと、様々な衣装をお召しの女性歌手の方々がずらりと! いいなあ、この感じ。
2曲歌った後にMCに入ったんですが、Revoさん、とても気さくな面白い方だったんですね…何しろ私の中の彼のイメージは、まずは、『Märchen』のDVDの白塗りのアレだったのですよ(笑)。今回のCDのジャケットでも長髪でグラサンでかっこいい感じじゃないですか。なので、割とクールな感じの人かと思ってたらば、話し始めたら、「ありがとうございまーす!」と軽やかに爽やか(笑)。トークも面白かったです。場つなぎの間に一句読んだりとか。あと、お客さんを「君たち」と呼んでは「皆様方」と言い直すとか(笑)。盛り上がる曲のときは立ってもいいよと「観客の心構え」を説くときに、「まあでも、前の人が立つと後ろの人が見えないなってなって、どどどどっとドミノ倒しみたいに…え、ドミノ倒し? 逆?(しばらく迷って)逆! みたいに立ってくことになるんで、その辺は皆で心を一つにしてお願いしまーす!」と押し切ったりとか。うん、そうですね、ドミノ倒しは倒れてくけど、今回は順番に立っていくので逆ですね(笑)。彼が何か喋るごとに私の近くのお客さんが「かわいい!」「かわいい!」と呟いていたんですが、確かに可愛い方でした(笑)。そして、ものすごくお客さんに愛されてる人ですね。ラストの退場のときはスキップしながら去っていきましたよ。私もかなり愛したくなりました!

ちょいちょいはさまるMCで笑い、バトルメドレーでがんがんに盛り上がり、しっとりした曲で心が落ち着いたと思ったら、ポップスのコンサートのノリになって、やがてアイドルのコンサート的に盛り上がって(「純愛十字砲火」のお客さんの盛り上がりぶりはすごかった…)、ラスボスとのバトルの音楽でまたががんと激しく盛り上がって。大変お得感のあるコンサートでした。色んなタイプのコンサートを一気にまとめて観ているようで、楽しかったです。やっぱり音楽っていいなあ、とっても元気になりました。

次は、Sound Horizonとしてのライブにも行ってみたいなあ。こういう世界観の確立した音楽って大好きです。でも、チケットとれるのかな…頑張るぞ。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。