瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 2012年11月05日  

ムットーニとバイオ。

2012 - 11/05 [Mon] - 00:53

先日、自動からくり人形師ムットーニの新作展を観てまいりました。渋谷パルコにあるロゴスギャラリーにて。
昔、友人に教えられて以来、もう十数年この人の展示会やら上演会やらに通ってます。大好きなんです。
ムットーニのお人形は、造形自体は割と素朴な感じかもしれませんが、これがきらびやかなライトと音楽を身にまとって動き出すと途端に目が離せなくなります。全てのお人形に物語があって、その物語がまたどれも素敵で。上演会ではムットーニ本人が語りをつけてくれるのですが、この語りがまたいい。いいキャラしてらっしゃるんですこの方(笑)。もうね、本当に素敵なんですよ。展示会のテーマは「NIGHT PARADAISE」でしたが、どの夜もきらびやかに美しく、不思議で、そしてなんともいえない余韻が残ります。ふたが開いて中から次々と仕掛けが現れるボックスタイプは特にそう。ライトが灯り、音楽が始まると、魔法の時間のはじまりはじまり。中から現れるのは三日月、ふくろう、骸骨、街灯の下に座る女性、はるか宇宙の彼方で歌う女神…魔法の時間が終わってぱたりとふたが閉まると、思わずため息が出そうになります。
もっともっとみんなに知ってほしい…と思いつつ、あんまり知られすぎて上演会が今よりもさらにとんでもない混雑になると悲しいので、なんとなくブログにも書かずにきたのですが。でもとうとう書いちゃったよ! だけど本当に一見の価値ありなので、お時間ある方は渋谷にどうぞ! 私もう観たから、この先さらに混む分にはいいや!(笑)

で、ムットーニを観た後は、同じパルコ内に期間限定でできているバイオハザードカフェへ(笑)。
ここ、一度行ってみたかったんです。バイオハザードは、滅多にゲームやらない私がどーしてもやりたくてPC用ソフト買ってクリアしたゲーム。何しろ我が家にはゲーム機がないのです。なぜって、やりだしたらハマる性格だから(笑)。怖くて買えない。といいつつ、PCソフトでバイオやったりディノクライシスやったりアリス・マッドネス・リターンズやったりはしてますが。アクション系ゲームが好きなのです!
これがお店の入口。
入り口
うん、それっぽい(笑)。

中に入ると、戦闘服姿のおにーさんが出迎えてくれますよ。ここはS.T.A.R.Sのメンバーだけが入ることを許される憩いの場なのです。つまり今日は私もS.T.A.R.S.なのです。
お店の中には様々な銃器やらジャケットやらが飾られてます。恭しく奥に飾られてたあれは、六角クランク…? 私、ゲームの2でこれ探して警察署の中を泣きそうになりながら走り回った覚えがありますよ…。

で、タイラントもいる。
タイラント
かなりでかかったです。なかなかの迫力。

テーブルには、ラクーンシティの新聞が置かれてました。英字新聞で、割とちゃんと作ってある。
ラクーン新聞
記事の内容は、ラクーンシティに2頭のクマが出たというもの。なんだクマくらい日本でも出るよ…と思ってたら、記事の中には「目撃者が言うには、そのクマは車よりもでかかった」との記述が。
大変だなラクーン市警!ゾンビだけじゃなく巨大クマ捕獲にも駆り出されるのか! 市民に怪我人はなかったそうで何よりだ! ちなみにクマはその後ラクーン動物園に一時保護されたそうですよ。

お料理はコース形式。サラダ(グリーンハーブにビーカーに入ったアンブレラ特製のドレッシングをかけ、救急スプレーを上からシュッシュッと…いや、救急スプレーかけりゃいいってもんじゃないでしょうそれ!)とかサーモンとかスープとかカレーとかが出た後、ヘソ出しスタイルのキュートなおねーさん達が串刺しにした肉を数種類テーブルに持ってきてくれて、その場でナイフで切り分けてくれます。ワイルドです。

カレー
ライスとかナイフフォークなんかはすべて飯盒に入ってます。どこの野戦部隊だ。

こちらはカクテル。私が頼んだコード・ベロニカ(左)と、友人が頼んだノンアルコールの…ええと、なんだっけ。
カクテル

で、料理食べてるうちに、ショーが始まります。ヘソ出しスタイルのキュートなおねーさん達がセクシーに踊る! と、それを見て興奮した(?)タイラントが突然復活! 暴れ出しそうになるので、おねーさん達がすかさず銃で撃つ! お客さんにも銃渡して撃たせる! タイラントがおとなしくなって終了です。

そんでもって、こちらがデザート。インクリボンの缶に入った杏仁豆腐…?美味しかったです。
デザート

がっつり肉食べて帰ってきました。この手の店って料理はいまいちだったりすることもありますが、ここは意外と普通に美味しかったような。何よりおねーさん達がとにかく可愛くて、それ見るだけでもいいと思いますよ。あと、お店出るときに、戦闘服のおにーさんが「いってらっしゃい!」と言ってくれます。あ、そうか、私今日はS.T.A.R.S.だから、この後戦いに行くことになってるんだ…なんかこう、間違った執事喫茶的な送り出しで笑えました(笑)。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク