瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 2012年01月17日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お返事の件。

2012 - 01/17 [Tue] - 23:39

本日、年末までにいただいたお手紙について、お返事を発送いたしましたー。色々と裏話が載ったペーパーが、そのうちお手元に届くかと思います。もしも一週間以上経っても届かなかったら、メールフォームからでもご連絡くださいませ。

そして、またしばらくの間、じたばたばたばたする予定。いいの、とりあえず今公開中の映画で一番観たかった『ミッション:インポッシブル』はもう観たから。ふとした拍子にとあるシーンを思い出しては、「トム! おでこ大丈夫ー!?」と叫びたくなっています。がんっ!ってね…音がね、痛そうだったのです。その後のシーンでたんこぶとかになってないのは、きっとトムだから。

今この気持ちのまま『ナイト&デイ』を観返すと、より楽しめる気がいたします。トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演のラブコメアクションです。何も考えずに気楽に楽しめる、これはこれで好きな映画。トムの役どころが、イーサン・ハントからシリアス成分を8割くらい引っこ抜いたような感じで。ある意味パロディ映画的な。何しろ、普通の映画では目玉となるような大ピンチシーンをほとんど暗転で乗り切るという荒技を繰り出したすごい映画です。観終わった後はしばらく「It's OK,June! It's OK!」とトムのセリフを真似したくなりました。
スペイン旅行中、飛行機の中でひずきさんにこの映画をオススメしたなあ。あ、ひずき優さんのブログで、スペイン旅行の写真がアップされてるので、城壁マニアの方は見に行くといいと思います! 旅行中のひずきさんの忘れられない名言は、「見て!……城壁よ!」です。私、そんな感極まった口調で城壁を指差して叫ぶ人、この人以外知りません。
でもね、ひずきさん…ガウディも愛してあげてよう。楽しかったじゃない!

スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。