瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > 旅行  

京都二日目ー。

2015 - 10/18 [Sun] - 02:13

WOWOWで「デスノート The Musical」が放送になりましたねー。私、このためにWOWOWに入りましたよ(まずはBSアンテナの取り付けからでしたけどね!)。やっぱり映像あるといいですね、CDも持ってますけどそれだけじゃ足りない! そしてさすが映像、役者さんの顔がアップになるっていいですね、ものすごい汗だくというか色んな汁出てる浦井健治くんの顔を堪能しました(笑)。それに比べて小池徹平くんの汗かかなさ加減がすごい…Lって汗かかないイメージあるので、それも含めてLそのものな感じで。月とLが上手下手に分かれてデュエットするシーンは、実際に舞台観てるときにはどっち観りゃいいのかわからなくて右に左に顔振ってましたけど、さすが映像、2人の顔のアップを並べてくれる親切ぶり! 楽曲も本当にいいなあ、私このミュージカル本当に大好きだなあ。映像観てたらなんか体温上がりましたよ、代謝上がってましたよ絶対! わかった、私、健康のためにこれから毎日録画したコレ観る!! 来月放送の柿澤勇人くんバージョンも待ち遠しいです!
いやでもWOWOW、加入してみましたけどいいですね。勿論「海に降る」も見てますが(偏屈王子!)、映画もかなり観てます。「インターステラー」とか「ルパン三世」とか「神さまの言うとおり」とか。あと、このホラー系の充実ぶりは一体…「ババドック」やるんですねー! これ観たかったんですよ。「絶叫のオペラ座へようこそ」も観ました。ミュージカル×B級スプラッタという意欲作ですが、トンデモ映画の割にミュージカルパートが意外にしっかりしててびっくり。舞台公演の最中にばたばた人が殺されてくので公演はどうなるんだろうとホラーとは別の意味でハラハラしましたが、舞台監督のスターデビューでなんとかなっちゃうところとかはお腹を抱えて笑えますよ! 「ロンドンゾンビ紀行」と「超高速!参勤交代」も楽しみです。勿論、来月放送の「MOZU」も!

それはともかく、京都旅行の思い出二日めです。
この日は、ホテルに荷物を預けて朝イチで安井金毘羅宮へ。ここも毎年行ってます。縁切り縁結びで有名な神社ですね。なぜここに毎年行くかというと、絵馬が見たいから。ここは、お参りした方が書いた絵馬が本当にすごくて…なんというか、小さな絵馬に人生が凝縮されてて。不謹慎かもしれませんが、ついつい見てしまいます。縁切り縁結び碑もくぐってきました。今年は健康祈願。悪縁を切るということで、病気との縁を切りたいという方もたくさんお参りされてるようなのです。
そして、その後は、近くにあるフランソア喫茶室へ。安井金毘羅宮から徒歩で行けます。友人が「いつか行きたい」と思っていたお店だそうで、でもお昼近くなったら混みそうだから開店直後くらいに行けばいいんじゃないかなと。
このお店、外からだと「え、ここ?」と思うくらいなにげない感じなんですが、中に入るとすごーく素敵!! 京都に行かれる方はぜひ! 豪華客船のホールをイメージしたイタリアバロック様式の内装とのことですが、とても雰囲気があって、ちょっとした別世界です。
IMG_0204 (263x350)
IMG_0206 (263x350)
コーヒーとレモンタルトをいただきました。ザッハトルテが食べたかったんですが、まだできてなかったらしく。残念!
IMG_0209 (263x350)
こんなステンドグラスもあります。

喫茶室でくつろいだ後は、徒歩で八坂神社へ。
IMG_0211 (350x262)
本殿にお参りした後は、疫神社と美御前社にお参り。美容水も顔につけてきましたよ(笑)。七五三のお参りをしてる親子連れの方も多く見かけました。

そしてその後は、再びこちらが地元の友人達と合流して、ランチです。八坂神社近くのお豆腐料理屋さん。お豆腐好きなんですよー。
IMG_0212 (350x263)
豆腐で、
IMG_0213 (350x263)
湯葉で、
IMG_0214 (350x263)
天ぷらと豆腐で、
IMG_0215 (350x263)
湯豆腐で、
IMG_0216 (263x350)
炊き込みご飯で、
IMG_0217 (350x263)
デザートのアイス。
ここのお豆腐、美味しいんですよ。また行きたい。でもお店の名前がうろ覚え…たぶん豆水楼さんだったかと…。
そしてこのお店でまた喋り倒す我々。お店の方がまた優しくて、夜の準備が始まるまで追い出さずにいてくれまして。「あのー、すみません、そろそろ…」と言われてやっとこさ移動。
新幹線の時間まではまだ余裕があったので、ホテルの喫茶店でお茶しようということになりまして、また食べる我々(笑)。
IMG_0218 (263x350)
紅茶と、パンプキンロールケーキ。いや本当に、よく食べてよく喋った旅行でした。
そしてその後、伊勢丹デパ地下で、新幹線車内で食べるお弁当を購入。うん、たくさん食べたけど夕食も勿論食べるのさ(笑)。
お天気にも恵まれ、良い旅行でした。楽しかったです。やっぱり年に一度は京都に行きたい。

そして夜になって家に帰ったら、近頃夜遊びの激しいうちの猫が、出かけずにちゃんと私の帰りを待ってまして。あまり喉を鳴らすのが得意でない猫なんですが、私の膝に乗って「寂しかったのよー」と言わんばかりに頑張って喉を鳴らす様に思わずにやける私(笑)。ああ可愛い。まあ、そうやって甘えた後は、「飼い主の帰宅を確認したので、任務に戻ります!」と言わんばかりにまたどこかへ出かけていったんですけどね。いいんだ、猫ってそういう生き物だもの。自由に生きればいいよ、うん。

京都一日めー。

2015 - 10/12 [Mon] - 02:02

というわけで、京都に行ってきました。そして元気に伏見稲荷を一周。はい、元気です。しかも食べた! 滅茶苦茶食べた!!
撮った写真がほぼ食べ物という驚き(笑)。
そんなわけで、ほぼ食べ物ばかりな旅の記憶をご覧あれ。一泊二日京都旅行でございます。

さて初日。初日から笑えるトラブルに見舞われました。
友人と新横浜駅で待ち合わせして、無事合流。ちょっと早いけどホームに上がってしまおうということになり、待合室からホームへ移動。そして、やってきた新幹線に乗り込む我々。しかし、我々の指定席にはなぜか先客が。「…あのー、お間違いでは?」「はい?」「え?」お互いの切符をチェックし…「失礼いたしましたー!」となったのは私達の方。
…はい、ここでちょっと上の記述を読み返してみましょう。『ちょっと早いけどホームに上がってしまおう』とありますね? そうです、ちょっと早かったんです。なのに、やってきた新幹線に乗り込んでしまったということは、それは我々が乗る新幹線のひとつ前のやつということで。…お喋りに夢中になっててうっかりしてたんですよ。怖いですねボケてますね初日からふるってますね我々!
「わー、乗り間違えたー!」「とりあえず車掌さんに相談だー!」ということになり、一人目の車掌さんには「あー、自由席に行っていただくしか…」と言われ、すごすごと自由席に移動。当然のように満席。さすが秋の行楽シーズン!! こういうとき、私は割とあっさり諦めが入ります。「あ、そーですか、じゃあ通路で過ごしますかね」と。が、友人は諦めなかった! トイレに行くついでに出会った別の車掌さんを捕まえて交渉し、首尾よく空き指定席を手に入れてくれました。おおお、諦めないってすごい。そして親切な車掌さんがいてくれてよかったー!

そして、なんとか京都に到着。駅前のホテルを予約していたので、とりあえずホテルのクロークに荷物を預けて行動開始。まずはランチですよ! 伊勢丹の中にある「美々卯」さんで、鱧松茸天丼を食しました。湯葉入りのうどん付。
IMG_0187 (350x263)
鱧が食べたかった友人と、湯葉が好きな私の希望が見事に合致!
IMG_0188 (263x350)
ちなみに鱧が最初読めなかった…ハモ。あんまり関東では食べないですね、高級魚なイメージが。

たらふく食べたら、伏見稲荷を目指してまた移動です。
ところで京都駅って、作りが素晴らしいですよね。伊勢丹のレストラン街から外のエスカレーターで下までがーっと降りたんですが、なかなか面白い眺めでした。
IMG_0189 (350x263)

そして、毎年恒例、伏見稲荷!!
今年もお狐様に見降ろされてきました。
IMG_0191 (263x350)
どーんと見降ろされてきました。
IMG_0192 (263x350)
おみくじを引いてみたらば、『ふとしたことから男女の出会いがあるかも。えっちな喜びはあるけど色好みはダメよ』(適当に訳してみましたが、実際こんな内容)と書いてあって、「何じゃそりゃあ!」となりました(笑)。おみくじも色々だなあ…よくある恋みくじ的なやつじゃなくて、普通のおみくじひいたはずなんですが。
そして、私が伏見稲荷で一番好きなお狐様がこちら。
IMG_0196 (263x350)
うーん、いつ見てもナイスなポーズ!
ちなみに途中のお店には、なぜか蛙さん尽くしなコーナーが…誰だ蛙マニアは。可愛いもんだからつい写真撮っちゃったじゃないか!
IMG_0198 (263x350)

そして、元気に伏見稲荷を一周。もうすぐ一周終わりますよという辺りで突然「あ、脚にきた! ぷるぷるしてきた、生まれたての子鹿みたいになった!」と友人が言い出したので、嬉々として「それはもしや何か霊的なものに憑かれたのでは?」と尋ねてみたのですが、あっさり否定されました。何だつまんない。上りより下りの方が脚にくるんだそうです。
ところで伏見稲荷、着物姿の方をたくさん見かけました。あれですかね、着物レンタル? 確か着物をどこかでレンタルして京都の街を歩くとあれこれサービスが受けられるというような話を聞いたことが…でも、着物に草履で伏見稲荷は、さすがの私も遠慮したいかもしれません。まあ、上の方に行けばいくほど着物の方を見かけなくなっていったので、彼らも一周はしてないのかもしれませんが。歩きやすい靴の方がいいのは間違いないですよ。スニーカーはいた男性でも、結構滑ったりよろけたりしてるのを見かけましたしね。

で、生まれたての子鹿な友人を励ましつつ、伏見稲荷を攻略し終えて、再び京都駅へ。こちらが地元の友人と合流し、ちょっと早めの晩御飯です。大丈夫、伏見稲荷一周で結構カロリー消費したはずだし!
IMG_0200 (350x263)
というわけで、駅ビルの中にある「はしたて」さんで、鯛茶をいただきました。普段はすごく混むらしく、夕飯時になる前に入っちゃおうという魂胆でしたが、確かに美味しかったです。食べ終えて外に出ると、行列できてましたよ!

そんでもって、晩御飯の後はデザートです。伊勢丹の中のマールブランシェ!
IMG_0202 (263x350)
ここ、前から行きたかったんですー! メロンのミニパフェとケーキのセットをいただきました。
友人が食べてたいちじくのパフェも美味しそうだったなー。
IMG_0203 (263x350)
で、甘いもの食べながら、喋り倒す我々。近況報告やら萌え語りやら、女子のお喋りは尽きないのです。そのうち閉店時間になってしまったので、今度は地下のPRONTに移動し、お酒を飲みつつお喋りの続き。食べて歩いて食べて食べてな京都旅行初日でした。

京都旅行(三日め)。

2014 - 11/04 [Tue] - 00:02

京都旅行の思い出、最終日です。

旅行前から来るぞ来るぞと言われていた台風は、三日めにしてとうとう京都にも影響が。といっても、まあ恵まれた方だとは思うんですけどね。二日めまでは晴れてましたから。
というわけで、最終日は朝から雨。テレビをつけると、沖縄の方ではだいぶ被害もあった様子。午後になったらこの辺りもやばいぞと、JRは16時にはもう止めるからねと、さかんに放送されております。
でもまだ午前中は大丈夫だよねと、観光に出かける私達(笑)。
こちらも毎年のように行っている安井金毘羅宮にお参りに行きました。ここはねー…絵馬がねー…怖いんですよ。かなり本気な絵馬がたくさん…。

で、その後は、友人の知っている石屋さん『ぎおん石』へ。石屋といっても、墓石とかの方じゃなくて、パワーストーン系。なんでもそこには、カウンセリング的なことをしてくださる方がいるとのことで、自分に合った石が何かをみてもらえるとのこと。そういうのって一度もやってもらったことがないので、ぜひにと行ってきました。
で、まずは別の友人がみてもらいまして。彼女がみてもらっている間、私たちはお店の中を巡回。徐々に外は荒れ模様に…やばいなこれ。新幹線、早くした方がいいのかな? と思ってたら、友人の方は石が決まった様子。ブレスレットでしたが、これがまた見た目も友人に似合ってまして。色合いとか雰囲気が、すごくぴったり! 友人も気に入った様子でした。
じゃあ次は私が、と思っていたんですが、そろそろランチの予約の時間が迫ってまして。「後でまた来ます」ということにして、徒歩でランチのお店へ。お店へ向かう間は、なぜだかちょっと雨も風も止んでいました。らっきー。

ランチのお店は、先斗町にある『イカリヤ食堂』さん。友人が頑張って予約とってくれたんですが、すごく美味しかった! しかもかなりリーズナブル!
コースを頼んだので、まずはスープ。
PA130880 (350x263)
パンにはエシレバターがついてきますよ。
PA130881 (350x263)
私が選んだメインは、鶏もも肉のコンフィ。美味しかった!!
PA130883 (350x263)
↑ごめんなさい、ちょっと食べてから写真撮りました…。

店員さんも皆さん感じが良くて、素敵なお店でした。店員さん、皆して蝶ネクタイつけてて可愛いんですよ!!

だけど、食事中にどんどんお外は暴風雨に…鴨川沿いにあるお店で、窓から外の様子がよく見えたんですが、もう川べりに生えてる柳がえらいことに! 川原で鴉が途方に暮れてましたよ。この後、また石屋さんに戻るわけですが、大丈夫かな? いやいや大丈夫、きっと私達が外に出たらまた止むよ! なんて話しながら、ランチを楽しみまして、お外に出てみたら…ほらね、止んでる雨も風も(笑)。
何だろうこれ! 私達、やっぱりなにか持ってるのかな!!

で、再び『ぎおん石』さんへ。今度は私もみていただきまして、悩んでることとか色々話したりもしたんですが、店員さんが開口一番仰るには「そうね、あなたは、今は健康そうに見えるけど、免疫系が弱いんじゃない?」 …ぎゃあ、見抜かれてる!? そんな話は全然してないのに!!  「あと、目も、大きくて綺麗だから普通に見てるとわからないけど、トラブルない?」…視力はいいけど、ドライアイになりやすいです、はい。しかし、仕事関係とかの話もしたのに、なぜ健康関係にまずフォーカス…友人達には、「『病弱軍曹』のあだ名は本当だったね!」と爆笑されました。…いや、そんな病弱でも軍曹でもないんだってばー…まあでも、健康は重要です。何をするにも体が資本ですからね! 勧められたブレスレットは、これまた色といい雰囲気といい私にぴったりで。お守り代わりに買わせていただきました。なるべく身に着けるようにしております。

もう一人の友人も合う石を選んでもらって、次の場所へ移動することに。といっても、外はとうとう本格的な暴風雨に。ついさっきまでやってたお店も、軒並みシャッターを閉め始めました。たぶん「ぎおん石」さんも、私達がいなければさっさとお店を閉めていたことでしょう。ああごめんなさい申し訳ありません。
とりあえず新幹線の時間を早めた方がいいよねという話になり、京都駅へ移動…したらば、なんかもうどこもかしこも閉まってる!! 駅ビルデパートも、駅中ショップも、軒並み閉まってる!! …まあね、JR止まってますからね、従業員の皆さんも帰らなくちゃいけませんしね…しかし、こんなシャッターだらけの京都駅初めて見た! よかった昨日お土産買っといて! 私達も新幹線が止まる前にとチケットを早めのものに交換してもらい、さらに「もし途中で新幹線が止まって車内に何時間も閉じ込められたら飢えるよね」ということでお弁当を購入しに行きました。が、これまた改札外のお弁当屋さんはどこも閉店か売り切れか売り切れ寸前で、どうにかこうにか柿の葉寿司を一箱買うことに成功しました。「2人で分け合おう!」と(まあ、改札の中のお店は全然そんなことなかったので、外で買わなければよかったんですけどね)。

京都在住の友人達とは、ここでお別れでした。本当に至れり尽くせり、お世話になりましたー。色々馬鹿な話や怖い話もしましたが、全員もの書きだったので、創作に関する話もあれこれと。その中でびっくりしたのが、キャラに感情移入して話を作っていくタイプなのが私一人だけだったということ。私の場合、とにかく書いてる最中は主に主役に、シーンによってはまた別のキャラにひたすら感情移入してるものなんですけど、他の人達は演出家的立場というか、俯瞰して作ってるみたいだったんです。いや、そりゃまあ私も、プロット作るときとか、手直しの段階では俯瞰しますけど…でもなんだか、友人達はずっとそうみたいで。「一度そのキャラになってみないと、上手く書けない」と私が言ったら、結構驚かれたという…あれ? おかしいな、皆そういうものだと思ってたんだけど、少数派だった? いや、たまたまですよね!?

帰りの新幹線は実に順調で、遅れることもなく。でもせっかくなので、柿の葉寿司はちゃんと友人と分け合って食べました。美味しかったです。
で、新横浜駅で降りまして、ホームから改札へ向かう下りエスカレーターでふっと前を見たら、一人挟んで前に立ってたのが、なんと某大女優さん!! 舞台で映画でドラマで大活躍の、誰もが知ってるあの御方!! ていうか私、今年この御方が主演の舞台観てる!! 未亡人のやつ!!(ここまで言ったら名前を伏せてもあまり意味はない気がしますが) たぶん私のすぐ前にいた方が、お付きの方だったのだと思います。振り返ってお話されてるそのお顔は、舞台でテレビでスクリーンで見るあのまま。声をかけるのも恐れ多くてそのまま見送ってしまいましたが、わー、同じ新幹線に乗ってたんですねえ…何なんでしょう、この旅行中のツキ具合。天候も、私が自宅に帰りついてから本格的に荒れ始めまして。何事もなく無事に幸せに旅行を終えられましたよ。こんなこともあるんですねえ。

京都旅行(二日め)。

2014 - 10/29 [Wed] - 00:34

京都旅行の思い出の、続きです。

2日めは、友人オススメの大山崎山荘へ。
「ここに金田一少年が来たら絶対人死にが出る! 充実のデッドリストが楽しめる!!」という感じの、それはそれは素敵な山荘でした。
PA120846 (350x262)
建物自体も楽しめますし、陶磁器などのコレクションの展示もあります。モネの「睡蓮」もありましたね。
しかし、そんな素敵な建物の中で私達がしていた話といえば、えらく血生臭い感じのものばかり…周りにいた無関係のお客様に申し訳ない事をしたかもしれません(笑)。「まあ、ゴージャスなシャンデリア! 絶対あそこに死体ぶらさがるよね!」とか…「あそこから血がぴたんぴたんと落ちてくるのね!」とか…その他、この場所に何の関係もない怖い話まで。うっかり近くにいたばかりに小耳にはさんじゃった方いたら、ごめんなさいー(笑)。
二階にはこれまた素敵なカフェがありまして、テラスでお茶とケーキがいただけます。
PA120855 (350x263)
テラスからの眺めもとっても素晴らしく。
PA120851 (350x263)
お庭にウサギがいるのも見えます。…ウ、ウサギ!?
PA120852 (263x350)

ミステリー風味あふれる建物を堪能した後は、近くにあるサントリーのウイスキー醸造所へ。
無料で工場見学ができます(要予約)。工場見学なんて小学生以来かもしれない。これがまた楽しかったー! なんかこう、大きな機械がぐおんぐおんいってたりすると、わくわくしませんか?
それに何しろ作ってるのがウイスキーなわけだから、工場内の空気がまんまウイスキー風味!
こんな風情ある眺めも楽しめます。様々な年代のウイスキーが寝かされてる樽がずらーり。
PA120858 (350x263)
ガイドさんの丁寧な説明を聴きながら、私達が話していたことといえば「マフィア映画とか撮りたいここで…マシンガンをばばばばっと…最後はお約束的に火がついて爆発的な」とかいう相変わらず物騒な内容(笑)。すみません大事に作られたウイスキーに対して不埒な想像して!!
工場見学のラストには、試飲もできます。おつまみ付き。普段ウイスキーって飲まないんですが、美味しかったです。
PA120871 (350x263)
工場の敷地内は、ちょこっと紅葉もしてました。
PA120865 (350x263)
そしてお土産コーナーで、土産用のウイスキーやらその夜に食べる用のつまみやらを諸々買いあさる(笑)。ここで買ったスモークチーズ、すごーく美味しかったですよ。ワインによく合います。

この日の観光はここまで。その後は、友人のお宅にお邪魔して手料理をふるまってもらったり(美味しかった…小料理屋開いてほしいくらいのレベルでしたよ!)、ワイン飲んだり、ホラー映画観たりして、のんびりまったり過ごしました。友人の一人がそこまでディープなホラーは駄目だったので、なるべくソフトめのをチョイス(笑)。久しぶりに観たよ「悪夢探偵2」! 実は私この映画、公開当時に舞台挨拶付きで映画館で観ました(笑)。松田龍平さんはこの頃が一番美青年な気がする! 色々シュールな映画ですけど、ラスト泣けますよねこの映画。あの、振り返って振り返って、確認して確認して、でも…なシーン。すごく好き。「パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」は、例のあのシーンで「クララが立ったー!」と叫びたくなります(笑)。あの姉ちゃんの歩き方はちょっと真似したくなるものがありますよね。友人が「Asian Ace」という番組のホラー映画対決の回を録画したものも見せてくれたんですが、これも面白かったです。白石晃士監督がシンガポールの監督と「限られた予算、限られた日数、同じ女優を主演に使う」という条件でそれぞれホラー短編映画を作って勝敗を競う回。白石監督いいですよねー、「ノロイ」とか「カルト」とか大好きですよ。

というわけで、最終日に続きます。

京都旅行(一日め)。

2014 - 10/19 [Sun] - 20:04

おお、ひさしぶりのカテゴリ「旅行」。すっかり観劇ブログと化してますからねえ、ここ…。

「そうだ京都へ行こう」に触発されたわけではありませんが、年に一度は京都に行きたい。というか、年に一度は伏見稲荷に上りたい。「え、本気であそこ一周するの、え、本当に?」と友人にはよく言われますが、私はあの場所が好きなんだ! 
そんなわけで、行ってきました京都旅行二泊三日。伏見稲荷以外も行きましたよ。

連休だったので、京都駅は人でいっぱい! 荷物をロッカーに預けたかったのですがどこも空いておらず、インフォメーションセンターに相談したところ、手荷物預かり所があるよと教えられました。が、そこもすでに行列が。私達が並んでいる間に「もう一杯なんで〆切ます」の札が出たんですが、なんとか私達の分までは預かってもらえました。ぎりぎりでした!

身軽になってから、まずは友人の希望で、京都駅近くの風俗博物館へ。
ビルの中にある小さな博物館なんですが、源氏物語の世界を人形で再現している素敵なところでした。ここ、意外とオススメです。面白い。
PA110791 (350x263)
結構細かく作り込んであるんですよ。
PA110793 (350x263)
でも、ここ見てる最中に、友人が持ってた「ばけたん」(スマホにつけられるお化け探知機…なぜそんなもの持ってるのかと尋ねたら、「地震予知に効くらしいので」との回答が返ってきましたが、絶対お化け探すためだと思う。なぜなら彼女は私の数少ないホラー友達なので!)が滅茶苦茶反応しまして(笑)。しかも、守り神がいるときの反応じゃなくて、お化けがいる方! 赤く光って警報まで鳴りましたよ! 何、何なの、何がいたの!? 霊感ゼロな人間にはさっぱり感じられませんよ!?
ちなみにここ、平安時代のお衣裳を羽織って記念撮影もできます。こんな素敵な殿方とツーショットも撮れますよ。
PA110815 (263x350)


で、風俗博物館の後は、伏見稲荷。
PA110824 (263x350)
ああ、何度見ても凛々しいお姿…惚れるわあ。
伏見稲荷もなかなかの混みっぷり。外国人観光客の姿もたくさん。さすがは外国人が一度は訪れたい日本の名所ナンバーワンです。
PA110827 (263x350)
なんかこう、赤い鳥居がどこまでも立ち並んでる様にときめきます。あとここ、山だからか、いつ来ても空気がすっきりしてていいですね。
猫もいました。
PA110831 (350x263)
途中めげそうになる友人を励ましつつ、だっだかだっだか階段を上り下りし(また「軍曹」と呼ばれました。いや別に私そんなに頑丈じゃない…)、伏見稲荷一周。中腹辺りで食べたソフトクリームが大変美味しかったです。きなこ味とかあるんですよ。

伏見稲荷を堪能した後は、友人の住むマンションへ。マンションのゲストルームに宿泊させてもらったのですが、部屋は広いわ宿代は安いわで大変助かりました。夕飯は、マンションの最寄駅前の素敵な和食屋さんで。もー何食べても美味しかったー! 大きなしいたけ焼いたやつが特に絶品! あまりに美味しかったので、写真を撮るのをきれいに忘れました(笑)。

で、その夜は、ゲストルームでゲームしたり話したりしてたんですが、その最中、私の人生初かもしれない心霊体験が!! 深夜に、外廊下に面した側の窓が、音高くノックされたのですよ。「コンコン、コンコンコンコンコンッ!」と。即座に私は思いました、「あ、うるさくしすぎて隣からクレームかな。もしくは酔っぱらいの仕業だな」と。いや、そんなに騒いでた覚えはないんですけどね。ややあって、またしても「コンコンコンコンッ!」窓にはロールスクリーンが下りてたんで外は見えないんですが、そのマンションに住んでる友人は大変不審げな顔で。もう一人の友人が「エアコンの音だよきっと」と主張し、エアコンを止めた後は音もしなくなったので、その場はそれで収まったのですが。
翌朝、友人が難しい顔で「昨夜の、うるさくしすぎたからクレームとかじゃないと思う。だってここ、隣の部屋とは完全に分離してるもの」とのたまいまして。外に出て見てみると、確かに隣の部屋とは棟が別になってるので、どれだけ騒いでも聞こえないようになってるんですね。じゃあ昨夜のあのノックは何だという話になり、もう一人の友人は「エアコンの音だよ!」と頑なに主張し、私は「通りすがりの酔っ払いだよ」と主張したのですが、このマンションに住んでる友人は「そんな酔っ払い、見たことない。それにあれは、明確にノックの音だったよ」と言いまして。わあ、それじゃ昨夜のあれは、もしやまさかの心霊現象的なあれ!? ばけたんは反応しなかったけど! わああ、どうしよう! …なんか嬉しい(笑)。いや、だって、私本当にそんな体験したことなくて! よく怖い話してると寄ってくるっていうけど、しょっちゅう怖い話してるのに一回もそんなの見たことなくて! 
まあでも、やっぱり酔っ払いのイタズラのような気もするんですけどね。なにしろうちの近所、しょっちゅう深夜に大声で歌いながら歩いてる酔っ払いとか出ますからね! 深夜に女ばっかりきゃあきゃあ騒いでる部屋の前通ったらノックの一つもしそうなものです。ていうかノックがあった時点でスクリーンめくりあげて外見てみるべきだったよ!

長くなったので、今日はここまで。まだ続きますー。

 | ホーム |  »

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク