瀬を渡り水の向こうへのナビゲーター   topページ > お知らせ  

非常に残念な話なのですが。

2012 - 06/27 [Wed] - 01:48

観劇はしごその2を書こうかと思っていたのですが、ツイッター方面で情報がオープンになっているようなので、先にこちらのお知らせを。

ええと、f-Clan文庫さんが休刊となってしまいました。もったいない…本当にもったいないなあ…私自身、f-Clanから出た本は非常に面白く読めるものばかりだったので、残念でなりません。今の少女小説にはない味付けのものがたくさんあって、次はどんな本が読めるんだろうと楽しみにしていたのに。

『妓楼には鍵の姫が住まう』は、f-Clan文庫さんだから出せた本です。
ずーっと私の頭の隅の方にネタだけあって、でもこの内容で書かせてくれる少女向けレーベルはないだろうなあと思って、ずーっと放置していたお話でした。最初の打ち合わせでネタだけお話して、でも、いざプロットを担当様に送る段になって急に怖気づいて、「いやいや、やっぱりこのネタは駄目でしょう」と一度は自主的に引っ込めたくらい。
でも、このお話じゃないプロットを何本かまとめて送ったら、担当様から電話がかかってきて。「あのー、前回うかがった江戸モノのプロットがなかったんですけど。私は、あの話がいいと思うんです」と言われて。ああそうかこれ本当に書いてもいいんだ、とあらためてプロットを送って。それでやっと、誠二や紅羽がきちんとした形を持ったのです。

そうして、担当様や絵師様にたくさん愛してもらって、あのお話は読者様のお手元までお届けすることができました。読者様からも、友人からも、「面白かった」というお言葉をたくさんいただきました。
いつかどこかで続きを書けたらいいなとは思いますが、まあ、こういうのは色々難しいですからね…。

このブログについてですが、もともと水瀬名義でf-Clanさんで仕事するので宣伝兼ねて作ってみたものではありますが、今後もしばらくは細々と続けていこうかと思っております。日記やら小話やらお知らせやら、何か書けるものがあったらちまちまと。

ああそれにしても、もったいない…あの話とかあの話とか、私だって続き読みたいですよー!!

『妓楼には鍵の姫が住まう』特集が見られますよー。

2012 - 03/16 [Fri] - 00:22

f-Clan文庫さん公式サイトの特集ページにて、『妓楼には鍵の姫が住まう』の特集が見られます。紅羽さんの紹介文には、きっぱりと「大食い」と書かれてたりしますよ(笑)。私もコメントなんぞ書かせていただきました。ご興味のある方は、ぜひぜひどうぞ。

「誠二くん15歳、はじめて吉原に来ました」の小話その2は、もう少々お待ちくださいませ。
15歳当時の誠二は、まだ髪がそんなに長くないのです。というか、今の誠二の格好は、主にご隠居の影響によるものだったのです。そもそも誠二が吉原やら賭場やらに出入りするようになったのも、全部このご隠居のせい。でも、この人がいなかったら、誠二が夕月や紅羽と出会うこともなかったわけで。たぶんご隠居があれこれ誠二の世話を焼かなかったら、いずれ誠二は完全に壊れちゃってたのではないかなと。そんなことを思いながら、小話の続きを考えております。

そして発売日まで本格的にカウントダウンが…!! よ、よろしくおねがいします! 『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』は、18日頃発売ですよー。

『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』発売日情報等。

2012 - 02/26 [Sun] - 01:03

f-Clan文庫公式サイト、更新されましたね。3月刊の情報が見られますよ。
amazonさんにも、表紙の画像がきましたねー。

妓楼には鍵の姫が住まう -黄泉がえりの人形- (f-Clan文庫)妓楼には鍵の姫が住まう -黄泉がえりの人形- (f-Clan文庫)
(2012/03/18)
水瀬 桂子

商品詳細を見る


『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』は、3月18日発売でございます。
一部書店さんでは、また先行販売も行われるかと。
各種ネット書店さんでの予約も、もう始まっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

今回も、睦月ムンクさんにとっても綺麗な表紙を描いていただきました。夏のお話なので、綺麗な青色です。
いやそれにしても、一巻に比べて誠二の表情が穏やか(笑)。何しろ前回の彼は本文中でものすごーく荒んでいたので、その荒みっぷりがイラストにもにじみ出ていたのですが、今回はこれですよ。うん、誠二、成長した! 落ち着いた!(笑)彼の成長具合は、本文にてお確かめくださいませ。
あ、本文挿絵でも、誠二のものすごく可愛い笑顔が見られますよ! 誠二のくせに、本当に可愛い!(笑)

今回のお話は、お上からの依頼ではなく、紅羽の知り合いの天才人形師から持ち込まれた事件を中心に進みます。依頼されて作った人形が消え、その後、その人形のもととなった娘の姿が街中で目撃されたというのです。けれど、その娘は二ヶ月も前に死んでいる。これは一体どういうことなのか…というお話。
今回は、十夜さんや誠二の兄貴にもスポットがあたりますよ。
見所は…能力の無駄遣いする紅羽さんとか、ミツグくんな誠二とか、誠二と十夜が鍬をかついで墓掘りブラザーズになったりとか…いや、これ、全然見所じゃないですね(笑)。

そして私は、じわじわと発売日前プチ鬱に…うああああ落ち着かないいい。
というわけで、気晴らしも兼ねて、お友達と鎌倉散策に行ってきました。最初は雨が降っていたのですが、そのうち止みまして。
今回の鎌倉散策は、前から一度行ってみたかった小町通りにあるイワタコーヒーさんのホットケーキを食べるのが、主な目的でした。ええと、これです。↓
イワタコーヒー
ものすごくぶ厚いのです!! そして美味しかったー。
開店10分前くらいに行ったのですが、もう人が並んでました。開店直後にはもうほぼ満席。すごい。

その後は、小町通りをぶらぶらして、可愛い簪を買ったり、タロット占いのお店に行ったり、鶴岡八幡宮にお参りしたり。若宮大路にあるお店で、ホットワインとソーセージを買い食いしたり。これもすごく美味しかった!
その後は、また小町通りに戻って、ミルクホールさんでチーズケーキをいただいて。
ミルクホール
レトロな雰囲気の喫茶店で、ものすごく久しぶりに行ったのですが、まるで時間が止まっていたかのように何もかもが昔のまま。ケーキも美味しくいただきました。

…なんだか食べてばっかりですね(笑)。女子のお出かけなんてそんなもんですよ。

オマケ↓
小町通りにて
小町通りにあった招き猫の石像。雨が降ってる間は、レインコート着せてもらってた! 可愛い!

公式サイトが更新されましたね。

2011 - 11/02 [Wed] - 00:07

f-Clan文庫さんの公式サイト、11月刊情報が更新されました!
ネット書店さんでの予約も始まってますね。
というわけで、もう少し詳しく11月刊のご紹介を。

妓楼には鍵の姫が住まう -死人視の男-妓楼には鍵の姫が住まう -死人視の男-
(2011/11/18)
水瀬 桂子

商品詳細を見る


睦月ムンクさんの素晴らしすぎるイラストが目印です。ああ、本当に美しい…。
お話は、前にもお知らせしましたが、パラレル江戸ものです。
どの辺がパラレルかといえば、「黒船が来て、攘夷だ倒幕だと色々あったけど、明治にならずに江戸が続いちゃったよ」という設定でございまして。

ええ、黒船はちゃんと来たんです。鎖国は解かれ、押し寄せる列強の脅威によって、江戸の民がそれまでむさぼり続けてきた太平の眠りは醒まされた。
でも、そんな列強の脅威から、この国を守ったものがあったんですよ。

何って、それはたぶん――化け物達。

何しろ百鬼夜行のお国柄。人間だけじゃどうにもならなくなれば、この国に棲む別のものたちが乗り出してくる。
鬼が、天狗が、茶碗の化けたのやら何やらが、よってたかって「何か」をした――らしいのです。
勿論、真偽のほどは定かじゃない。本当のことを知ってるのは、おそらく幕府の中でも一握り。
でも、江戸の民はそう信じてる。百鬼夜行図を壁にかけ、観音様でも拝むみたいに朝な夕なに手を合わせてる。

そうして結局江戸はなくならず、民はまた新たな夢をむさぼり始めているのです。「終わらない江戸の世」という夢を。

世界観は、こんな感じです。
で、そんな世界を舞台に、死人の姿を見る力を持つ青年(大店の放蕩息子)と、化け物の血をひくと噂されている美少女(お住まいは吉原の妓楼の天井裏)が、奇怪な事件を片付けていくと…まあ、そんなお話です。美少女には無表情な美形従者がオプションでついてます。そこは別に強調するところじゃないですか、そうですか。

発売日は11月18日です。イラストだけでも見る価値はありますよ、絶対!!…いやあの、本文の方も楽しみにしていただけるとありがたいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

もう宣伝してもいいですよと言われたので。

2011 - 10/26 [Wed] - 23:55

11月刊のお知らせを軽くしてみようかと。
でも公式にはまだあらすじも出てないので、簡単に。発売日間際になったら、またあらためて詳しくご紹介させていただきます。

10月に創刊されたばかりのf-Clan文庫さん。他所とはちょい違う味付けを各種そろえた、個人的にもとても楽しみな感じの少女向けレーベルさんです。
そこの創刊第二弾のメンバーにいれていただきました。11月18日発売だそうです。
タイトルは、『妓楼には鍵の姫が住まう -死人視の男-』。「死人視」は「しびとみ」と読みます。
ひと言で言えば、パラレル江戸もの、といったところでしょうか。和風ファンタジーです。水瀬風江戸怪談。

冒頭から吉原で遊び呆けている放蕩息子な主人公だの、姫様口調でSなツンデレ美少女(ああ、どうも最近私このカタカナ四文字に縁がある気が…違うんだ、そうじゃない女の子が出てくるプロットも作ってるのに、採用されるのはなぜかこのカタカナ四文字ばかりなんだ…)だの、なんというか色々困った人達ばかり出てくるんですが、どうぞよろしくお願いいたします。あ、主従もあります(笑)。

 | ホーム | 

プロフィール

水瀬桂子

Author:水瀬桂子
水瀬桂子。
1月21日生まれ。水瓶座のO型。
趣味は観劇、映画鑑賞、読書。旅に出るのも好きです。
おいしいものを食べて、素敵な物語に接していられれば、この上なく幸せです。
三笠書房f-Clan文庫さんより、『妓楼には鍵の姫が住まう-死人視の男-』『妓楼には鍵の姫が住まう-黄泉がえりの人形-』が発売中です。

なお、「水瀬桂子」は「渡瀬桂子」と同一人物です。渡瀬桂子名義の近刊に『少年魔法人形 キスからはじまる契約魔法』『ある日、月の夜に。-わがままな魔女と人狼の騎士-』(ともに一迅社文庫アイリスさんより)があります。水瀬名義は、f-Clan文庫さんが初めてです。こちらは、より趣味っぽい感じのもの用になりそうな予感…。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク